HOME

ポルシェセンター高松 - 採用情報 > 店長からのメッセージ

採用情報 > 店長からのメッセージ

ポルシェという稀有なブランド

入社してまもなく、ドイツ・シュトゥットガルトの本社工場を見学させていただく機会に恵まれました。当時は1人のエンジニアが1基のエンジンを全て組み上げていたのですが、プライドを賭けた仕事ぶりを目の当たりにして、メカニックになりたての私は「これはすごいメーカーだ」と感銘を受けました。車検証に記された車体番号から誰が組んだエンジンか判別できるのだと聞いて、ものづくりへのこだわりに感動したのを覚えています。あれから24年経ちますが、ポルシェのことを知れば知るほど素晴らしいブランドだという思いが強くなります。

一流の製品に見合う仕事を

そんなポルシェという製品を四国で扱うことができる正規販売店は私たちだけです。お客様から「ありがとう」という言葉をいただけると、この仕事をしてよかったと思います。お客様は一流の製品に見合う接客やサービスを期待されています。自動車はライフスタイルに深く関わる高額商品ですから、お客様との距離が近く、またお買い上げいただいた後も長いお付き合いが続きます。ですから「人が好きか」というのはひとつのポイントです。いまポルシェのことを詳しく知らなくても構いませんが、セールスであれサービスであれ、お客様と話すのは好きな方であってほしいと思います。

この仕事で得られるもの

高級輸入車の販売というと華やかな世界をイメージするかもしれませんが、求められるのは当たり前のことを当たり前にやることです。いまお客様が何を望んでいるのか。どうしたらお客様に喜んでいただけるのか。さまざまな経験を経て「気づく力」と、「自分をプレゼンテーションする力」は身についたように思います。ポルシェは抜群に商品力が高いので、ときには70点の仕事でも結果が出ることはあるかもしれません。そこで自分の力量を過信せず、100点の仕事に近づける努力を継続する。それが「次も君に頼むよ」というお付き合いにつながるのです。

就職を考える方へ

私はこの会社に勤めて24年になります。大きな会社ではありませんが、まとまりがよく、若い方が存分に仕事に打ち込める環境が整っています。この仕事に情熱を注いでみたいという方のお話は真剣にお聞きしたいと思います。新しい仲間に出会えるのを楽しみにしています。

木村 貴史

店長 木村 貴史 学生時代からメカニック志望。入社後13年間サービス部門でキャリアを積み、サービスマネージャーから社内辞令でセールス部門へ。2014年に店長に就任。